読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リゾートウェディングへの道

2017年入籍💍アラサー女の今夏予定の結婚式までの道のりをのんびり書いていきます!

ウェディングサロンへ行ってみる

結婚式会場の下見って、何件行きましたか?
一生に一度のことだし、たくさん見比べてる人もいれば
憧れのココで式を挙げたい!!とか人それぞれだと思います。

私はというと、あまりイメージを抱えていたわけでもなく
これからどうやって会場が決まっていくのかさえ分かっていませんでした…
まぁ、いくつか巡るんだろうなーっていう感じ

ということで、前回からの続き。いざ、相談会へ!!

今回お話を伺うのは『リゾナー八ヶ岳
電話のときからとっても好印象♥(※個人的な感想です)
お会いする前からなんとなく波長が合うなーと感じていました。

ただ、八ヶ岳に突然は行けないのでまずは近場の東京にあるサロンへ=3
東京でも、表参道・新宿・銀座サロンと3か所ありました!

本当はちょうど銀座に予定があったので、銀座に行きたかったのですが、
新宿しか空いてないということで、そちらにお邪魔しました。
(前日にWeb予約したので、空いていた方が奇跡です♪)

新宿駅前のビル、【リゾナーレ】の文字は見当たりません…

ん?どこだどこだ?ここのはずなんだけど…
ってことで、Webページをもう一度見てみると

f:id:fuchsii:20170419210306p:image
あ。。。名前違うんだ…うっかり!!ちゃんと確認してませんでした。
頭の中でリゾナーレリゾナーレってリピートしてたので…笑。
希望の式場が近場であれば、現地に行くので迷わないはずですが、
リゾートウェディングとなると、現地では訪れることができない方はサロンの場所の確認はぜひしてくださいね。

たどりつくまでが長くなってしまったので、詳細はつづく!!!

式場資料ゲット!!!

資料請求をはじめて1週間…

ぞくぞくと資料が集まってきました。

f:id:fuchsii:20170228232514j:plain

 

 式場の資料って写真集みたいでとっても綺麗で

眺めているだけでワクワクしますよね💕

それだけで、妄想が掻き立てられます!

 

想像を膨らませるには資料はとても良い材料なのですが、

値段感がぜんっぜん分からない💦

 

特に、私たちが挙げようと思っているのは総勢20名弱ぐらいの小規模な結婚式。

40名~90名程度のプランや見積例が掲載されている資料も中にはあるのですが、

20名なんかで見積を載せているところはありませんでした。

料理や会場日などの単価も書いてあるけど、何が必須で何がオプションなのか…

何が何やらとウラシマタロウ状態なのですw

 

f:id:fuchsii:20170228232134p:plain

 

Webサイトを見ても少人数の式は金額が載っていないことが多いし…

ということで、集めたものの、資料は眺めるだけで終わっていました。

ん~なんだか眠っていた「面倒臭がり」の悪い虫が顔を出している予感…笑

 

それから3日ほど経って…私の面倒臭さを見つけたかのように、

資料請求先の何件からか電話がかかってきました。

 

「資料、目を通していただけましたか?」

   『はい!』

「ご覧になられて、何かご不明な点等はございますか?」

 

キターーーーー!!!!!!そうです、この質問を待っていたのです。

 

『あのぅ…少人数のウェディングって可能ですか?

金額のイメージが湧かないので概算でも教えていただけますか?』

 

と、こんな感じで資料を見て分からなかったことを聞いてみました。

すると、決まってこんな返答でした。

 

「費用についてはお客様のご希望の形態によって様々ですので、

一度ご相談会でお話しをお聞かせいただけますでしょうか?」

 

そりゃそうだよなー。私もざっくりした質問しかしていないし、

(むしろ、踏み込んだ質問をできる状態じゃないし…)

ここは百聞は一見に如かずということで、いっちょ行ってみようと思い立ちました。

それが金曜の夜…

ちょうど2人の予定が空いているのが翌日の土曜日!!!

電話はもう通じなかったのですが、ネットにて相談会の予約をしたのでした…

式場リサーチ その③

グランピングウェディングは諦めたものの、

調べたことには大いなる意味がありました!!

 

▼前回までのあらすじはコチラ

fuchsii.hatenablog.com

 

そう、新たなキーワードを手に入れたのです。

(手ぶらでは帰りません!!)

 

それが… !!!!!!!!!!!!!!!!!!滞在型ウェディング!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

結婚式を挙げたあとも、家族や友人と一緒に過ごす時間をもてる

たくさんゲストと話したり、のんびりする時間がある

 

…まさに私たちが理想としていた結婚式が実現できる予感がしたのです。

滞在型ウェディングってなんぞやと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

簡単に言ってしまうと、

 「リゾートウェディング」+「宿泊」or「宿泊提携施設がある」=『滞在型ウェディング』といった感じです...

 

ということで、さっそくこのキーワードで検索した式場を探し始めました...

 

▼こんなページを参考に...

wedding.mynavi.jp

 

▼こんなページも…

zexy.net

 

ということで、なかなか現地に赴くことはできないので、

とりあえず資料を請求しまくりました。

式場リサーチ その②

前回からの続きです!

▼過去の記事はコチラ

fuchsii.hatenablog.com

 


漠然とではありますが、イメージが固まってきたので、これを元に具体的な式場選びを始めます。
まずは、キーワードに「自然」とか、「海辺」とかを入れて検索していました。
そんな中で、私の心を奪ったウェディングの形態に遭遇!!
それが…【グランピング ウェディング】だったのです。

※グランピングとは…
グランピングとは?意味と変化する最近のキャンプ事情! – チシキソ

これだったら、大自然の中で、家族や友人とわいわいできる!
式を挙げた後も一緒に滞在できる!!!
おぉ、これなら私の譲れないポイントが網羅されているではありませんか!!

すてきなチャペル♬
f:id:fuchsii:20170223230511j:image

Instagram @BEIGEWEDDING_KANAZAWA


こんな解放感あふれる会場は海外セレブもやってるそう…
f:id:fuchsii:20170223231600j:image

海外セレブの歳の差婚 こだわりが満載!大人のグランピング婚 売れっ子映画監督 ガイ・リッチー | ウエディング | 25ans(ヴァンサンカン)オンライン

ということで、さっそく調査開始!!とりあえず、グランピング施設をあたってみました。

 

ん?

 

あれれ??

 

調べを進めているうちに問題点が…
●挙式専用の会場ではない。
●情報量が少ない。
●ほとんど手作り?!
●外部のプランナーさんと連携しないとできない?
そもそも、グランピングウェディングってできるの?

 

そんな疑問がふと浮かび、途方に暮れました…
見ても分からないことは、ええい、聞いてしまえ!!ってことで、
ウェディングで使用できるのか?資料はあるのか?予算はいくらか?
と、いくつかの会場に問い合わせをしました。(自分で褒めたい、この行動力‼︎)

 

その返信がコチラ…

 

【A】 基本的にお客様のご希望をお聞きして組み立てる方針ですので、 都度オーダーメイドとなります。

(中略)費用の概算なども(人数の規模が) 今回初めてのケースなので詳しくはお答えできません…

 

【B】 1日1組限定で、野外でオーダーメイドでWeddingを作り上げることができるのが、当施設のポイントになります。

(中略)グランピング施設では、お隣同志の 声や音が響きやすいため、Weddingでは、貸し切っていただくことをお願いしております。
当施設は50名さま以上ですと、貸切の可能性が出てきます。

 

要するに、挙式をする会場というわけではないけど、結婚式をしてもいいよー。
ただし、全てオーダーメイドになるよ♪というわけです。

 

むむむ…これは私にはハードルがかなり高い!!
こだわりが強く、マメな方向けの上級者コースだと判断した私はグランピングウェディングを潔く諦めたのでした…。

式場リサーチ その①

はじめはなんとなく見てイメージを膨らませていた挙式会場…
いよいよ本格的に探し始めました。

といっても、このときはまだ旦那さんと挙式について話していません。
どんな挙式にしたい?とか自ら話し出すのが小っ恥ずかしかったし、
何を聞けばいいのかも全然わかってなかったのです…

なので、空いた時間に一人でちょこちょこWebやアプリを見てはブックマークして
こんな場所いいなー、こんな演出ステキだなーとアイディアをもらいながら妄想を膨らませていたのです。
実現できるかどうかは別として、魅かれる部分はたっくさんありました✨
海外映画のようなワンシーンに憧れたり、海辺のチャペルの写真にうっとりしたり…🤵👰
まだ式場選びに悩んでいる方は、ぜひたくさん写真や映像を見て想像してみてください♪

↓↓そんな中で譲れない!!と思ったポイントがコチラ↓↓(ちょっと長くなります!!)

  • 自然に囲まれている場所
  • 高齢の祖母でも来やすい立地
  • ゲストと話す時間を多くもてる
  • 堅苦しくないアットホームな雰囲気
  • 少人数もOKな会場

 

■自然に囲まれている場所
都心などスタイリッシュにやる雰囲気は合わないなーと漠然と感じていました。
旦那さんとも旅行へ行くときは、街並みを観光するより海や川、
緑に囲まれている場所を好んで行き先を決めます!
だから、自然の中で挙式できたら最高だな~と思っていました。

■高齢の祖母でも来やすい立地
自然の多い場所と言って、最初に思いついたのが 沖縄!!年に1度は訪れたいる思い出深い場所でもあります。
だけど80歳を越えたおばあちゃん2人に飛行機で2時間ほどの旅ははツラいのかなという懸念がありました。
でもやっぱりとても楽しみにしてくれているおばあちゃんには、ぜひ来てほしいので関東近郊で探すことにしました。

■ゲストと話す時間を多くもてる
挙式・披露宴の中で、花嫁・花婿と会話できるのはほんのわずか…。
友人の結婚式に出席したときも、せっかくの機会なのに主役といれる時間が短く寂しいなと内心思うことも!
一生に一度の結婚式だからこそ、来てくださった人と時間をたくさん共有したいと思っていました。

■堅苦しくないアットホームな雰囲気
結婚式の一連の流れって、非日常だし一生に一度のなかなかできない体験だと思うんです。
でも、自分に置き換えるとその形式ばっている雰囲気がなんとなくピンとこなかったというか、あまり好まないなーと感じたのでした。
だから、そんな形式にはとらわれず、自由で堅苦しくない雰囲気で行いたいという願いがありました。


と、こんな感じで漠然としていた挙げたい結婚式のイメージが
少しずつではありますがまとまってきたのです…

はじめの一歩

ようやく結婚式をやろうと決まり重い腰をあげました。

で、何から始めたらいいの?

いざ、挙式をしようと意気込んだものの、何から手をつけていいか分からず、最初の壁にぶち当たるのです😵

 

とりあえず右も左も分からないノーアイディアの私は、ウェブサイトをみたりアプリをダウンロードしました。

特に活用しているのが、この2つ‼︎

 

▼ゼクシィ

ウエディング、ブライダルなら結婚準備の総合サイト ゼクシィ

王道ですね!情報量の多さは一番なんじゃないでしょうか?アプリも連動しているから、クリップしたりカップル登録できるので共有も簡単…なはず!

(実際には細かい機能まで使いこなせてません💧)

私は参考にするだけで、閲覧専門になってしまっているのですが、困った時はまずここから情報を得るようにしてます。

結婚のいろはを教えてくれるガイドみたいな存在♪

 

▼Wedding Chic 

【Wedding Chic】高機能、そしてスタイリッシュなウエディングアプリ。大切な結婚式準備に役立てましょう♪

オシャレで見てるだけで飽きないです!結婚式に対して消極的だった気持ちはいずこに…憧れや妄想がどんどん湧いてきます😍

今、アプリが非公開になってるみたいです…

 

と、こんな感じでまずはたくさん見て、自分たちのイメージに近いのは何だろうと見ていきました!

どれも素敵なんで目移りばかりですが、私と旦那さんが違和感なく想像できるか⁉︎ということを第一に考えて、いろいろと好みの雰囲気なんかを掴んでいきました!

 

つづく…

 

結婚式を挙げる理由(ワケ)

自己紹介にもチラっと書いたのですが、

はじめは結婚式を挙げる予定は私も旦那さんもありませんでした。

まぁ、記念に写真でも撮ろうかなーぐらいの気持ちでした。

 

二人とも言ってしまえば面倒くさがりで、

結婚記念日も絶対に忘れないようにという理由で

1月に決めてしまったわけです…笑💦

 

そんな私たちがなぜ結婚式を挙げようかという話に

なったかといいますと…

ただただ親孝行したい!!という気持ちが強まったからです!

 

先月入籍する前から、旦那さんとは1年半ほど同棲していて、

今も同じところに住んでます🏠入籍して1ヵ月ほど経ちますが、

特に入籍前と生活は変わってません。職場も旧姓だし…

 

大きな変化を求めているいわけではないのですが、

なんとなく流れで入籍してしまって、両親へ面と向かって

「ありがとう」とか「お世話になりました」って言う機会が全然ない!!

ということに気づいたんです。

だからと言って、普段は照れくさくて言えないし…

 

ということで、しっかりケジメをつけるためにも

結婚式を挙げたい!!という気持ちに至ったのでした💒👨👩💍